2019年6月第4週新発売絵本★せなけいこさんのおばけ絵本がでます!!!

絵本

はじめに

毎日暑いですね~。
わが子たちはプールには行きたがるものの、顔を水につけることができず。頑なに嫌がります。
もっと小さいころから水に慣れさせないといけなかったですね…。
まずシャンプーハットをやめるところから始めます(´;ω;`)

さて6月4週目発売の絵本30冊です。

おばけのばあ:せなけいこ

作・絵/せなけいこ
KADOKAWA
2019年6月28日発売予定 ベビー~

内容紹介

だあれ だあれ いない いない ばあ! 
……そして さいごには おばけも あらわれて…!? 

「おばけは、ほんとはともだちになりたいのよ」
「こどもたちをおどろかせるために、おばけも勉強してるのよ」
そうこどもたちといっしょにお話しながら、
絵本作家デビュー50周年を迎えるせなけいこさんが、こどもたちのために描き下ろした、待望の<いないいないばああそび>あかちゃん絵本。
あかちゃんもママも安心して親子で楽しめるボードブック仕様です。

「がんばり屋のおばけは、あやす練習を一生懸命するでしょうね。」—せなけいこ(あとがきより)

KADOKAWAより

大人気のせなけいこさん。
何と作家デビュー50周年だそうです。
せなさんのおばけちゃんは、パパママさんなら一度は目にしたことがあると思います。

この絵本はおばけが努力する様子が描かれてるようです。
せなさんのおばけって何かかわいらしくて、つい絵本を手に取りたくなりますよね。

同じ日にせなさんが絵を担当された『もみの木』も発売されます。
親子で読みたい名作童話にしあがっています。(以下で紹介します☆)

さかさまたんけんたい:すずきみほ

作/すずきみほ
偕成社
2019年6月25日発売予定 3歳~

内容紹介

ようちえんから帰ってきたふみちゃんは、
おへやのなかでへんなポーズをしています。

さかさまになると、いつもみているものが
べつのなにかにみえてくるんだって。

さあ、きょうのあそびはこれにきまり!
さかさま、さかさまたんけんたい!

さかさまになったお部屋のなかから、
カメレオンやかめ、ねずみ、きょうりゅう、
ショベルカー、ロボットなどをさがしてごらん!
絵本のなかに、30こ以上のものや生きものがかくれているよ。

ふしぎで新しい、さかさま絵本!

偕成社より

さかさまになってどんなものが見えるかな?と楽しめる一冊になっています。すずきみほさんの可愛らしいイラストが癒されます♡

わが娘も幼稚園でならってきたブリッジをよく家でもやっています。
子どもはさかさまになるの、好きですよね~。
お子さんたちの食いつきがいい絵本かもしれません!!

森のゲオルグ:ノーブスミー

作・絵/ノーブスミー
出版ワークス
2019年6月29日発売予定

内容紹介

ある国の深い森の奥に、とても小さな妖精・ゲオルグが住んでいました。優しいお父さんとお母さんに愛情を注がれ育ったゲオルグは、とても明るくて勉強好きな性格です。妖精の子どもたちは6才になると、学校に通い始めます。ゲオルグは大好きな先生や友達のいる学校が大好きでした。でも…ゲオルグにはひとつだけ秘密がありました。8才になったある日、皆で空飛ぶ遠足に出かけることになり……。
 
本作では、ハンディキャップを持った主人公が自身を肯定的に捉え、内面性を磨いていく姿を丹念に描いています。物語の終盤、主人公は特異な能力を発揮し、仲間のピンチを救ったことから、皆の信頼を得ます。
全編をとおし「素直」「情愛」「力」の尊さをストレートに描き、「親子間の無垢な愛情」と「子どもの個性を尊重し、伸ばすこと」の大切さをテーマにした、親子の触れ合いの場や読み聞かせの現場に最適な「情育絵本」です。

出版ワークスより

かわいい妖精、ゲオルグが仲間の妖精と共に繰り広げる勇気と希望の物語です。親子での読み聞かせに、とても楽しめる内容に仕上がっているそう。

ハンディキャップをもったゲオルグですが、 読み進めるうちに、自然と自己肯定感が高まる内容構成になっているとのこと。
さらに家族の愛情と子供の成長を描いた、親子の情愛エピソードも満載です!

透明水彩で描かれている躍動感のある絵が特徴的です!
ぜひ「情育絵本」、手にとってみてください★

その他

おわりに

あっという間に今年も残り半分に近づいてきました。
先日、昔の写真を見返して子供の成長をしみじみと感じていました。笑
振り返ると子どもの1年の成長は、めざましいですね(((uдu*)
暑さが厳しいですが毎日、元気に健康に過ごしていきたいです★

タイトルとURLをコピーしました