【2019年7月後半発売】新刊児童書32冊 感動の涙100%の青春小説が発売

児童書

はじめに

もうじき夏休みが始まりますね~。
今回は児童書の紹介です。
この時期ともあってたくさん発売されています!
夏休み、ゆっくりと読書に時間をあててみるのもいいですね★

天を掃け:黒川裕子

作/黒川裕子 絵/中村ユミ
講談社
2019年7月18日発売予定 
内容紹介

「星を見つけるのが、おまえのやりたいこと?」
 無言でうなずいたすばるに、駿馬は息を呑む。
「……わかんないけど、その夢、ハードル高すぎね?むずかしいんじゃないの」
「ハードルの高さは関係ない。あんたはむずかしかったからあきらめたのか?……夢」
ビー玉みたいな目が駿馬を射貫く。浮かべた笑みは、挑発、いや、嘲笑だ。
駿馬はぽかんと口を開けた。
ジャブなしの右ストレート、またはロープに振らない三角飛びドロップキック。
――強烈。                       (本文より)

短距離走者(スプリンター)として期待されながらも、走れなくなった駿馬(しゅま)は、たったひとりで小惑星探索にいどむすばると出会う。中学2年生の初夏の物語。

作品の舞台はモンゴルから始まります。
父母と一緒に5歳からモンゴルに移り住み、現地の子と同じように生活してきた駿馬が主人公です。モンゴルの大草原と山口県を舞台に疾走する、中学二年生の初夏の物語です。
上記、講談社BOOK倶楽部のHPより試し読みすることができますので、ぜひご一読ください★
自分のモンゴルのその場にいるような感じになり、ストーリーにどんどん吸い込まれていきます!
作者の黒川裕子さんもTwitterで本誌を紹介されています!

「未完成」なぼくらの、生徒会 : 麻希一樹

内容紹介

今年から共学になった元・男子校、県立神南学院高等部、通称神高。
女子中学校から、過去の私をだれも知らないここに入学した私・葵が出会ったのは、神高名物の変人だらけの生徒会メンバーだった!
「生徒会に入れ、さもないと“秘密”をばらす」と脅された私だけど、
会長の晴人、副会長の由紀、同じ一年生の会計・悠真、他のメンバーにも
“だれにも言えない秘密”があるようで――。
それぞれの“過去”があきらかになるとき、訪れる驚きの結末とは?

KADOKAWA

感動の涙100%の青春小説が発売されます。
主人公の葵、生徒会長で皆から慕われているが性格に難あり!?の晴人、強面で無口だが実は優しい由紀(よしき)、イケメンだがあまり素顔をみせない悠真が生徒会のメンバー。それぞれの過去が引き起こす結末が楽しみです。
新井陽次郎さんの繊細で透明感あふれる表紙が目印です!

作者の麻希一樹さんは「悩み部」シリーズでおなじみの作家さんです。
今回、7月18日に『「悩み部」の復活と、その証明。』が学研プラスから発売されます!


2冊同時発売とはすごいですよね。

本気でやれば、なんでもできる!?:ジョン・ヨーマン

作/ジョン・ヨーマン 絵/クェンティン・ブレイク
訳/三原泉  徳間書店
2019年7月19日発売予定 小学校低学年~
内容紹介

ナンセンスな児童文学で定評のある、ジョン・ヨーマンとユーモラスなイラストが人気のクェンティン・ブレイクのコンビが1961年に発表した作品の初邦訳!

読書が大好きな子はもちろん、あまり得意ではない子どもも楽しいお話と、ユニークなイラストに、ページをどんどんめくってしまうこと、まちがいなし!
低学年からおすすめの一冊です。

「本気でやれば、なんでもできるのよ」
そう先生にいわれて、小学校3年生のビリーはすっかりその気になった。
すると、友だちに
「じゃあ、頭に、角をはやしたら?」と言われてしまった。
ビリーが本気でとりくむと、
本当に角がはえてきた。
角はどんどんのびて、シカの角みたいに枝わかれするりっぱなものに。
いまやビリーは、学校の人気者!
そのうえ、学校にしのびこんだどろぼうまでたいじして…?
小学校低学年から楽しめる、大笑いできる読み物です。

徳間書店

作家のジョン・ヨーマンさんは、これまでにクェンティン・ブレイクさんと合作で多数の本を執筆されています。
絵本が多いですが、今回は小学校低学年向けの児童書ということで、どんな内容なのか楽しみですね♪約60年前に発表した作品が今、よみがえります☆

翻訳を担当された三原泉さんは「スージー・ズー」のシリーズの翻訳を手掛けられている方です。

その他

おわりに

面白そうな児童書がたくさんですね。
夏休みには図書館へ行って、様々な本に出合うのもいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました