2019年7月第3週新発売絵本★キューライスさんのかわいい絵本が発売です!!

絵本

はじめに

申し訳ありません、かなり遅くなってしましました。
今週発売される絵本の紹介です★

焼けあとのちかい: 半藤一利

作/半藤一利 絵/塚本やすし
大月書店
2019年7月15日発売 小学校中学年~
内容紹介

日本の戦争に向き合い、戦争の過程を精緻に解明してきた半藤一利。
その原点は中学2年で体験した東京大空襲だった。
開戦から日に日に苦しくなる下町の生活。そして3月10日。猛火を生きのびた半藤少年は焼けあとでちかった。
半藤一利の初の絵本を描くのは、大胆な画風で注目を集める絵本作家・塚本やすし!

小学校中学年以上向け。
小学校3年生以上の漢字にルビ。用語解説の注あり。

大月書店

半藤一利さんは御年89歳。
自他ともに認める「歴史探偵」として、近現代史に関する著書を数多く発表しています。
しかし、絵本は今回が初めてです!!
開戦から次第に苦しくなる下町の生活、疎開、勤労動員、そして東京大空襲。猛火を生きのびた半藤少年が焼けあとでちかったこととは…
また半藤一利さん(84)のノンフィクション『日本のいちばん長い日』は映画化もされ、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ちなみに義祖父は夏目漱石さんだそうです(゚д゚)偉大ですね。。

かな?かな?えほん おおきくなると?: アニェーゼ・バルッツイ

作/アニェーゼ・バルッツイ
小学館
2019年7月17日発売 ベビー向け
内容紹介

赤ちゃんの小さな手にも持ちやすいサイズで、ページを引き延ばすと絵が変わる楽しいしかけ絵本です。
単純なしかけですので、何度でも楽しめます。シリーズ第3弾。

今回は、「大きい」「小さい」の言葉で遊びます。
「ちいさなトラクターかな?」・・・・「おおきなトラクターかな?」
「ちっちゃなトラックかな?」・・・「おっきなクレーン車かな?」

「ちいさい」「おおきい」にも、いろんな言い方があります。
語りかけながら、遊びながら、言葉を覚えられる楽しいしかけ絵本です。

小学館

人気の「かな?かな?シリーズ」、『よ~く、みて!』(2018)『どっち?』(2018)に続く、第3弾が発売されます。
小さなお子さんに語りかけながら、一緒に楽しめる絵本になっています。
読み聞かせにも、一人で遊ぶのにもぴったりで、長く楽しむことができます。
絵がわりを楽しむことができる、赤ちゃん絵本です★

ドン・ウッサ そらをとぶ :キューライス

内容紹介

「ネコノヒー」「スキウサギ」などのコミック作品が爆発的人気、SNSで超話題のキューライスが絵本作品に挑戦。
ウサギの大親分ドン・ウッサの、空を飛んでみたいという願いを何とかしてかなえようと、3羽のけなげな子分たちが、あの手この手で大奮闘します。
ユーモラスで可愛くて、ちょっぴり哀愁もただよう、大人も子どもも大笑いできる絵本ができました。

白泉社

「ネコノヒー」が大変有名で、皆さん一度は目にされたことがあるイラストかと思います。
キューライスさんのTwitterはフォロワーがなんと26万人越えで、ファンの多さを伺い知ることができますね!
今回の主人公はウサギの大親分ドン・ウッサ。(本名はとってーも長いので絵本でご確認を)
子分はパッピーノ、ピッピーノ、プップの三匹。
みんななんとも言えないかわいらしさが魅力的♡
親分の空を飛びたいという願いをかなえることができるのでしょうか
子分たちが、奮闘する姿がかわいいでしょうね(*^_^*)

その他

おわりに

この時期とあって、戦争に関するもの、おばけや妖怪に関するものなど出ていますね。
お子さんと読書を楽しむ夏にしましょう☆

タイトルとURLをコピーしました