2019年8月1・2週目新発売絵本★男の子が大好きな、列車や遮断機が主人公の絵本が新発売!

絵本

はじめに

かなりご無沙汰になってしまいました。
遅くなりましたが8月1、2週目に発売された絵本を紹介します。
台風が日本列島を直撃しそうですね。みなさんお気を付けください!

ガンピーさんのサイ:ジョン・バーニンガム

内容紹介

ガンピーさんがアフリカであったのは おやをなくした、サイのこども。
にんげんがつのをとったのだ。
ガンピーさんは、おなかをすかせたサイにミルクをやった。
そして……。
子どもや動物たちをあたたかいまなざしで見つめ、いつも子どもの側にいたバーニンガム。
2019年1月に亡くなった氏の最後の作品です。

BL出版

作者のジョン・バーニンガムさんはイギリスの出身。
これまでにも谷川俊太郎さんをはじめ、多くの翻訳者と共にたくさんの絵本を出版してこられました。
しかし本年1月4日に死去しました。
今回の作品が最後の作品になります。ぜひ手に取っていただければと思います。

へんしん!いろいろれっしゃ:ふくながじゅんぺい

作・絵/ふくながじゅんぺい
交通新聞社
2019年8月5日発売 0歳~2歳
内容紹介

「いろいろれっしゃ」が野原や、お花畑や、雨のなかを進んでゆくと……
あら不思議! 列車の色が、緑や赤、青などに大変身。
赤ちゃんが大好きな繰り返しのリズム、
擬音語を活用した楽しく読みやすい文章、
コラージュの技法を使ったカラフルな色彩。
どれをとっても乳幼児にぴったりの、親子で楽しめる絵本です。

交通新聞社

作者のふくながじゅんんぺいさんは2017年に絵本作家デビューされています。
コラージュを用いて、カラフルな世界を描き、広告や書籍、パッケージなどの分野で活動しておられます。
0歳からのベビーもカラフルな色彩に引き込まれること、間違いなしです。
また以下に紹介する、『おててだあれ?』が、8月8日に発売されています。

コリンのお店びらき:ひこ・田中

内容紹介

小学1年生になったコリンは、とうさんたちがフリーマーケットに参加するときいて、自分もいっしょにお店を出すことにしました。
もう小学生だから、いらないものを売ろう!
お客さんは来てくれるかな?フリーマーケットをとおして、自分の大切だった物がほかの誰かの大切な物になるうれしさを知るコリン。
そして、物にこめられたいろんな思いを感じることにもなるのです。

BL出版

絵を担当された山西ゲンイチさんがTwitterで、コリンくんの成長っぷりがかわいいです!と紹介されています。
フリーマーケットが扱われているので、絵本の対象年齢は6歳からとやや高めになっています。文章も少し漢字まじりでかかれています。
自分が使っていたものが、他の人のものになっていく時の感情…
小学生頃から芽生えてくる感情なのでしょうね★

ふみきり かんかんくん:斉藤洋

作/斉藤洋 絵/武田美穂
講談社
2019年8月8日発売 1歳~3歳
内容紹介

小さい子が大好きな「踏切」。それが主人公になった、今までにない絵本です。
 月刊幼児誌「げんき」の好評連載から生まれました。1~3歳の読み聞かせに最適です。
ふみきりのかんかんくんには、シャー、ダンキー(遮断機)という二人の妹がいます。「ぼくたち ふみきり 3きょうだい。」から始まる、ちいさなおはなしを5話。

講談社こども倶楽部

男の子の大好きな、電車、そして遮断器!!
確かに遮断器が主人公の絵本ってあまり思い当たりませんよね。
斉藤洋さんはたいへん有名な絵本作家で、今年に入り5冊目の絵本の発刊となります。
絵を担当された武田美穂さんはポプラ社から発刊されている、『となりのせきのますだくん』でおなじみ「ますだくんシリーズ」も担当されている絵本作家です。

そらをとんだワンダ: 小手鞠るい

作/小手鞠るい 絵/たかすかずみ
マイクロマガジン社
2019年8月8日発売
内容紹介

ある日、お父さんが川でおぼれているライオンの赤ちゃんを見つけ、家に連れて帰りました。
友達のように仲良くなった坊やとライオン。
でも、楽しい日々は長く続かず、ライオンを草原に帰すことになりました。
家族を探すライオンが、最後に見つけたものは……。

稀代のゴールデンコンビが贈る
たくましいライオンと、やさしい男の子の物語。

マイクロマガジン社

小手鞠るいさんは、小説家で今年の第65回青少年読書感想文全国コンクールの課図書(中学生の部)に『ある晴れた夏の朝』が選ばれています。

絵を担当されたのは、やわらかなタッチのパステル画に定評があるたかすかずみさんです。

その他

おわりに

8月も中旬に入りましたね。長いと思っていた夏休みもあと半月!
子どもと有意義な時間を頑張って過ごしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました