2019年9月第2週目新発売絵本★「死ぬ」って何?小学生の不安に寄り添う絵本発売!

絵本

はじめに

関東では台風の影響がまだ続きそうですね。
停電等でお困りの方、いち早くいつもの生活に戻られることを祈っております。
さて、もう突入しておりますが9月2週目に発売される絵本36冊のご紹介です。

そっくりこ:中川ひろたか

作/中川ひろたか 絵/村上康成
ひかりのくに
2019年9月10日発売予定 0~2歳 
内容紹介

おめめ、おはな、おみみ、おでこ…
赤ちゃんのお顔の中には家族をつなぐ“そっくりこ”がいっぱい。
絵本を通じて自然とふれあい遊びを楽しめます。
愛情たっぷり、赤ちゃんにぴったりな一冊。

ひかりのくに

中川ひろたかさんと村上康成さんのおなじみコンビ、新しい絵本が発売です。
あかちゃんあそぼシリーズ第5弾です。
0歳から見て楽しめるので、出産のお祝い品なんかにもおススメです!!
いつ見てもホッコリさせられるイラストですよね~(*^_^*)

ぼく、こわかったんだ:横須賀香

内容紹介

さいきん、 しぬってことを考えると、 すっごく こわい。
しんだら、 目をとじたときみたいに、ずっと まっくらなのかな。
ねているときみたいに 何も 考えられなくなっちゃうのかな。
ママは 心配ないって 言うけど、 ぼくは やっぱり  こわいんだ。
ぼくは死んだらどうなるの? 毎日不安でたまらない 少年。
ぼくは弱虫なのかな。 ちょっとへんなのかな。
そんな少年のもとに、ある日手紙が届いて……。
だれもがもつ不安に、まっすぐ向き合った作品です。
不安なのはきみだけじゃない、こわくていいんだよと 伝えます。

BL出版

小学生にもなると、様々なことを考えては不安になり…の繰り返しの時期ですよね。
病気になることや、もちろん死ぬことって何なんだろうと。。
この絵本は、作者の横須賀香さんの実際の体験をもとにされた絵本だそうです。
悩んでいる子どもたち、また声をかけてあげる大人たちのヒントになりそうな、とても深い絵本になっていそうです!!
横須賀香さんもご自身のFacebookで、堅苦しい本ではありません、と発信されています。
小学校低学年からが対象ですので、親子で一緒に読んでみるのもいいかもしれませんね☆

ボンとハレトモのぼうけんスパイスれっしゃでミンナデタベルモン: uwabami

内容紹介

カレー粉のスパイスってどんなもの?

スパイス屋でスパイスをのぞき込んでいるうちに、2人は不思議な世界へ入り込んでしまいました。そこは、スパイスだけが乗ることの出来るスパイス列車の中。おいしさの秘密を知りたい2人の冒険が始まります。さまざまなスパイスと出会い、ようやく終点に着いた2人は、スパイスたちと一緒にカレーライスを食べます。そのおいしいこと。2人は、自分たちもスパイスであることに気づきます。そのスパイスの名は…。

ひさかたチャイルド

uwabamiさんはアーティスト活動を生業とされているアートユニットです。
今回は、ボンとハレトモのぼうけんシリーズ第2弾が発売されます。
カレーライス、スパイス、周りに描かれている人たちも皆個性的で引き込まれます。

uwabamiさんの特徴は「キャラストレーション」といわれるもの!
制作風景を見ている方のリクエストに応えながら、その場でその人を画面に登場させ、たくさんのストーリーを繋げて1枚の絵にするuwabamiさんのオリジナル画法です。
この画法により、絵本もついつい見入ってしまう作品に仕上がっています。

以下、新刊刊行記念ライブペイントが開催されるそうです!
ご興味あられる方、今週末ぜひ!!

その他

おわりに

台風が去り、熱中症患者さんが増えているそうです。
いったん涼しくなった後の残暑?は体にこたえますね。。
体調管理、水分補給、引き続き怠らず、していきたいですね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました