2019年10月第2週目新発売絵本★クリスマス絵本が発売されます!

絵本

はじめに

10月に入り、クリスマス向けの絵本が発売される時期に入ってきました。
最後のその他の絵本紹介でも、クリスマスプレゼントにふさわしい絵本も掲載しておりますので、要チェックです(`・ω・´)
また、今回はポプラ社から日本の童話の絵本が多数発売されます。
ぜひ子どもたちに知っておいてほしいお話絵本、手に取ってみてはいかがでしょうか★

それでは10月2週目に発売絵本、28冊のご紹介です!

せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ:サム・マクプラットニィ

内容紹介

クリスマスの日の、小さな奇跡。
ぬいぐるみを大事にしているすべての子どもたちと、かつてぬいぐるみを大事にしていたおとなへ。
置き忘れられたクマのぬいぐるみが数十年をへて、最初のもちぬしのもとに帰るまでを綴る、クリスマスの日にプレゼントしたくなる絵本。

ロングセラー絵本
『どんなにきみがすきだかあててごらん』の作家と『あめのひ』『かぜのひ』など、いま、英国でいちばん期待されている絵本作家による、心に響くすてきな絵本。

いまから50年以上まえ、メアリー・ローズという女の子が、おこずかいをためて、クマのぬいぐるみを買いました。
そして、「ウーウー」という名前をつけて、どこに行くにも、いっしょにつれていきました。
ところがある日、ウーウーをどこかに置き忘れてしまったのです!
 
駅の忘れ物置き場にいたウーウーは、しばらくすると、ロニーという男の子のうちへ。
そして、ロニーが大きくなると、リサイクルショップに引き取られました。
こうして、何人もの子どもたちのものになったウーウーですが…?

徳間書店

ぬいぐるのを大事にしているお子さんへの、クリスマスプレゼントにぴったりの絵本です。

我が息子も、ひよこのぬいぐるみをぴぃちゃんと呼び、半年くらい可愛がっていましたが、今では放ったらかしになってしましました(´;ω;`)
可愛がっている息子がかわいかったのですが・・・苦笑

さて忘れ去られたウーウーは50年の時を経て、どのようにして持ち主のもとに帰ることができるのでしょうか…。
ドキドキわくわくしながら読めそうな絵本です。

そんなに みないで くださいな: accototo

内容紹介

読み聞かせで大もりあがり!
やりとりが楽しい読み聞かせ絵本。

うさぎにピーマンにおばけに…見つめられてはずかしくなった彼らがとった行動とは? 
「そんなに みないで くださいな」――気づくとみんな口ぐせに! 
くり返しのリズムが心地よく、赤ちゃんから楽しめます。

我が家の3人の子どもたちと過ごす日々の中で生まれた作品です。―accototo

KADOKAWA

カメやうさぎ、タコにイカ、マトリョーシカまで(*^_^*)

「そんなにみないでくださいな そんなにみてると」と、ページをめくると…どうなるかな!?
どうなるのかが気になって、ページをめくるまで釘づけです。
口癖になるフレーズで、子ども同士でも読みあうことができます☆
そして、大爆笑!!
赤ちゃんから楽しめる絵本です。

ばあ: ザ・キャビンカンパニー

内容紹介

ぐるぐる、ばあ! しましま、ばあ!
いろんな形と色の顔が出てくるよ。

リズミカルな言葉とカラフルな絵であかちゃんおおよろこび!
ザ・キャビンカンパニーの赤ちゃん絵本。

岩崎書店

「ぐるぐる」「しましま」「てんてん」などのリズミカルな言葉の数々
そして赤ちゃんも見やすいカラフルでわかりやすい形、黒を使ったしっかりした絵で、読み聞かせにピッタリ!!赤ちゃん大よろこび間違いなし!
楽しい穴あき絵本になっています。
出産のお祝いなどにも喜ばれそうです!!

その他

おわりに

朝晩はだいぶ冷えてきましたね。
我が家では加湿器がすでに活躍しています。
一家で重度のアレルギーもちなので。季節の変わり目は大変です(;´・ω・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました